09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

イタグレGIULIAのつぶやき

イタリアングレーハウンド「GIULIA」の成長記録です。

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

最後の病院 

今日は病気でもなんでもありません。

アメリカからメキシコへ行くための健康診断と
各種書類に1年分のお薬を受け取りに来たのです。

GIULIAがお世話になった Vet Select Animal Hospital Novi は
Dr.Sales と出会えたこともあり4年間の生活を支えて下さった
とても大切は存在です。

Dr.はとても大柄な男性ですがいつも優しくそっと接してくれるので
GIULIAも怖がることなく信頼しているようでした。

渡米当初は私が英語を話せないことにプラスしてアメリカの風習も
医療用語も分からない状況でしたのでいつも汗を握っていました。

アメリカは特に飼い主も病気や犬種、個々の性格を学んでいないと
対等にお話しできません。いえ、それは同等の知識を持てということではなく
あらゆることを想定してドクターに聞きたいこと、これからすべきことを
話し合えないからです。

スタッフもドクターも私の細かい質問をとても丁寧に聞いてくださり
ここまでは調べたけどこういうことでいいのか?と尋ねると
勉強してきた前提で更にその先のことを教えてくださいます。



これは私が実行してきたことですが、
GIULIAに何か変化があった時、すぐにメモを取り始めます。
A4サイズの紙の横軸に 時間、フード、ピー、プー と書き
その下に時系列に書き込んでいきます。
見やすいように箇条書きが良いでしょう。

何時にフードを残し、どのタイミングで下痢をし、頻度はどの程度で
というのが一覧を見ればはっきり分かります。
病院に行ってから細かく聞かれても意外とうろ覚えでしょう?

ドクターは具合が悪くなった経過を見れば治療なり対処の判断が
すぐできるそうです。言葉で難しいウンチの形状や粘液、血液の
混ざり具合なども簡単な絵で書き込んでいました。

これはいつもエクセレント!君は完璧な飼い主だよと褒めていただいていました。

愛犬を守るために飼い主ができることの一つではないかと思っています。


↑ この日、先生と記念撮影をしました。

この前の時はスタッフ全員とGIULIAは撮影をしたそうです。
「ここは病院だから、あなた分かるでしょ?また来てねって
言っちゃいけないの、でもまた会いたいわ」と涙ぐむスタッフもいて
GIULIAがみんなに愛されていたことがよくわかりました。

GIULIAも何をされるか分からなくて、私の後ろや椅子の下に
隠れることはあるけれど、ドクターが部屋を出て行ってしまうと
気になって追いかけドアな隙間からのぞいたりします。

これまでなんとか元気に過ごせたこと、
GIULIAのことについて少し詳しくなれたこと
とても幸せに思っています。
スポンサーサイト

Category: Vet (動物病院).

Thread: イタリアングレイハウンド

Janre: ペット

Tag: IG  イタリアングレーハウンド  イタグレ  ミシガン  アメリカ  vet  動物病院  GIULIA 
tb -- : cm 0   

Rabies (狂犬病ワクチン接種) 

さぁ、カマロに乗ってお出かけですよ!

Drive Camaro w/Giulia
↑ G:「どこに行くの?」

Drive Camaro w/Giulia
↑ G:「ここはきれいなお姉さんにたくさんナデナデしてもらうところだね?!」

Drive Camaro w/Giulia
↑ G:「早くいこうよー」

Drive Camaro w/Giulia
↑ G:「なんだか先生がチックンをいっぱい持ってた気がするんだけど?」

そうなんです、今日はGIULIAの狂犬病ワクチンの日なのです。
以前のブログにも書きましたが、アレルギー反応を起こしたことがあるので
ワクチン接種の前にアレルギーを抑えるお薬を注射しますがこれの費用はかかりません。

☆Rabies Vaccination 3 year-----------------------$32.75
(狂犬病予防ワクチン アメリカでは3年が一般的)
☆Diphenhydramine Injection 50mg/n x0.15 -$0
(抗ヒスタミン剤)
☆Dexamethasone Injection 2mg/ml x0.30 ---$0
(ステロイド系抗炎症薬)
☆Lab Collection and Prep N/C ------------------$0
(これは調べたけど不明)

さらに今回は日本へ帰るときに必ず必要になる抗体価検査を行わなければなりません。
これは狂犬病のワクチンの効果が出て抗体ができているかのテストで
2年間は有効ですが切れてしまう春の頃に諸事情があり早めの更新です。
テストは採血を行い農林水産省が指定する施設へ送るため結果を受け取るまでに時間がかかります。

☆Rabies Titer(KSU) ----------------------------------$255
(狂犬病抗体価検査)
☆Shipping Fee-Overnight Express --------------$42
(カンザス州立大学狂犬病研究所への送料)

あとは半年に一度のワクチンでこれは鼻の穴に垂らします。
☆Bordetella Bi-annual Vaccine -------------------$26.75
(百日咳ワクチン ペットホテルやドッグラン
に行くならこれがないとダメです)

☆Dental Examination --------------------------------$0
(歯科検診)

☆Intestinal Parasite Screen -----------------------$32.50
(検便 寄生虫などがいないか調べる)

その他ハートワームの薬、再診料などで合計 ----$492.88

今回は特別なことがあったとはいえ健康なワンコでもいろいろな費用がかかってきますよね。

Drive Camaro w/Giulia
↑ こんなにたくさんのことをしたり注射も何本も打ったのに1度も鳴かずに頑張りました。

採血の時、奥の処置室に入ったままなかなか戻ってきませんでした。
スタッフの話し声を聞いているとどうやら順番にGIULIAとセルフィを撮っていたようです。
いつもかわいい、かわいいと先生にもスタッフにもよくしてもらい、皆さんにキスを
されまくって、すっかりご機嫌です。

「あなたも知っていると思うけれど、ここは病院だからまた来るようなことがあってはいけない
けれど、また来てねって言ってしまうわ」と担当の看護士さん(笑)
大事にされて幸せだね。

Drive Camaro w/Giulia
↑ G:「私を置いてどこ行くの?」

Lake in winter
↑ 病院の帰りに全面凍結している湖へ立ち寄ってみました。
陸地と水面の境目がわからずあまり近くに寄れませんでしたが、
スノーモービルやクロスカントリースキー、スノーシューを楽しんでいる人の姿がありました。

Camaro in the snow
↑ あれ?カマロ雪を食べたの?

Camaro kissed snow wall
↑ カ:「あなたが雪の壁に突っ込んだからです。」

あはは〜景色見てたら前に行きすぎたのよ。

Drive Camaro w/Giulia
↑ 帰り道もおとなしくシートヒーターの暖かさを堪能しているようでした。



Category: Vet (動物病院).

tb -- : cm 2   

ワクチンのアレルギー 

8月14日、この日にしか予約が取れなかった。
それはいつも通り6ヶ月有効のBordetellaワクチン
接種のためいつもの病院へ行った、ただそれだけのことでした。

8月22日で期限が切れる予定のBordetella(百日咳)ワクチン。
ちょっと期限より早いけれど安全上の問題は
ないからという説明だったので鼻からチュッと
簡単に接種完了。

つづいて、やはりこれも更に1週間先の期限だった
けれど、その他のワクチンも接種することになった。

週末から義父が日本から来る予定だったので
できればその後にしたかったのだが、いつも
接種後も問題なく元気だったので受けることにした。


いつも通り、グーともキューとも言わず
ジッと耐えたGIULIA。

先生「もしも帰宅後パグみたいな顔になったら
   すぐに連れて来てね」
私「GIULIAがパグみたいになったらすぐ分かりますね」
そんな笑い話をし診察を終えた。

会計のため待合室にいた時、やたらと首をかいて
いたけれど、カラーを付けられることがあまり
好きではないからだと思っていた。

それでもしきりに痒がっていたのでちょっとスタッフに
聞いてみようかと思ったが、皆忙しそうだったので
様子を見ることにして帰路についた。

車に乗ってからも"Don't Scratch !"といえば掻くのを
やめていたので、注射の後がむずがゆいだけだと
思い込んでしまった。

4714a6e8ff9a11e286a022000a9e06e7_7.jpg
↑ 帰宅後30分。唇が赤くなり腫れはじめた。

このまま様子を見てよいのか?病院に写真をメールしたが
その後5分も経たないうちに唇全体が腫れ
まるでカレーパンマンのようになった。

私もアナフィラキシーショックを起こすレベルのアレルギーを
持っているので、この後のことは容易に想定できた。

もし、飼い主さんがひどいアレルギーを持っていなければ
この段階では様子を見てしまっているかもしれない。

******

みるみる目の周りが赤く腫れはじめたので
すぐ病院にこれから連れて行くむねを電話し
Tomoにも電話をし、カマロで病院へ。
その時はもう捕まるのを覚悟して安全には努めつつ
病院へ急いだ。

26805cfaffbe11e2a0ee22000aeb0fed_7.jpg
↑ しきりに痒がるものの、"Stop"と言えば掻くのをやめるし
 それ以外はいつも通り、特別何も訴えて来ないし
 とっても元気だった。

しかし、信号につかまりGIULIAの様子を見ると
体中がヒョウ柄のようになり、
まぶたは裏返りそうなくらい腫れ
口周りもブヨブヨに腫れ上がりそれはまるで
パグそのものだった。

気持ち元気もなくなっていたので
私は器官が腫れていないか不安になった。

「大丈夫だよ、すぐ良くなるよ、GIU強いから平気だよ
 Meg♪が付いてるからね、大丈夫だよ」

過去に私がショック状態になった時、
いつの間にか意識を失っていたのだが
その瞬間は本当に数秒のことだったので
とにかく、声をかけながら先を急いだ。

******

病院へ着くと、看護師さんが玄関で待っていて
GIULIAを受け取ってくれた。

その時にはもうイタグレだと分からないくらい
ブクブクとあちこちが腫れ上がっていて
なんとなくグッタリもしていた。

すぐに投薬が行われたようで命に別状はなかったが
なかなか腫れが引かないとのことで
しばらく点滴をして様子を見ることになった。
3時間後に迎えにくるよう言われ
会わせてもらったGIULIAはまだ完全に腫れこそ
引いてはいないものの、ケージの中から
私の姿を見つけて鼻をクーと鳴らした。

すぐに気持ちを読み取るので
「もう大丈夫、すぐ元にもどるよ、
 かわいいね〜大好きだよ〜」
と声をかけ、家に戻って待つのも落ち着かないので
近くのショッピングモールをウロウロしていた。
その3時間の長かったこと。
アレルギーは薬が効いてもすぐに良くなる
わけではないし薬が切れればまた腫れて痒くもなる。

私が重度のアレルギーの辛さを知っているだけに
GIULIAのことを思うと胸が詰まった。

******

迎えに行くと、看護師さんから
点滴の管もいたずらしないし、鳴かないし
ジッといい子で待っていたわよ」と
GIULIAを渡された。

点滴後のピンクの包帯が痛々しく思えたが
新し物好きのGIULIAは気に入っているようだった。

f941776effbe11e29efa22000ae90e92_7.jpg
↑ 帰宅後、なぜか走り回るGIULIA

5a2b56a6ffd511e2af9822000a1f9331_7.jpg
↑ でも点滴をしていた方の手がパンパンに
 腫れているので、私はバランスを崩して転ばないか
 心配だったので、なでなで攻撃でおとなしくさせた。

228c8f36ffc511e2b3af22000a1fb856_7.jpg
↑ まだ唇の辺りは腫れが残っているし
 体中に2cm大のふくらみがヒョウ柄のように
 なって残っていた。

8f151838ffbd11e2877b22000a1fc4fd_7.jpg
↑ きっと辛いはずなのに、病院のケージで
 クーと一声鳴いた以外は静かなままのGIULIA

c26b168e003411e3a3ec22000a9d0dfd_7.jpg
↑ 一日2回飲むかゆみ止めの薬は市販の
 人間の子供用。3kgのGIULIAにはちょっと
 量が多すぎないか不安ではあった。

しかも1.5cm大の大きなタブレットをどうやって
飲ませば良いものか?悩んだのだが、
差し出してみたらおいしそうにカリカリと
食べてくれた。チェリー味は気に入ったらしい。

その他、アレルギーを抑える薬も問題なく食べてくれ
効果も十分あったようで、2日後にはすっかり引いた。

******

問題は、腕に巻かれたピンクの包帯を
外そうとしたら抵抗に合い(笑) その後も
時々短時間だけゆるゆるに巻いてあげている。
気に入っちゃったのね。

ー処置内容(RECEIPTより)ー

1 Medical Progress Exam @ No Charge $0
   (進行状況の説明?)
0.20 Dexamethasone Injection 2mg/ml $35.01
   (デキサメタゾン注射ー合成副腎皮質ホルモン剤)
0.15 Diphenhydramine Injection 50mg/m $35.34
   (塩酸ジフェンヒドラミンー皮膚炎などのかゆみ止め
   BENADRYLと同じ成分)
1 Ward Occupancy -Dog, Small $45.00
   (院内ケージ使用料)
1 I.V.Catheter & Venoset/Line set $49.50
   (点滴カテーテルセット)
1 IV Extension Set $20.50
   (点滴チューブ延長)
1 IV Infusion Pump Use/day $44.50
   (点滴投与ー1日あたり)
1 SQ Fluid Therapy: 300ml or less 50ml LRS SQ $37.75
   (皮下液治療?)
1 Special Discount -$267.60
   (特別値引き)

ー処方薬ー
1/2 prednisone tablet once a day for 3 days starting tomorrow am.
   (プレドニゾンーステロイド系抗炎症薬)
   翌朝から飲みはじめ、1日1回3日間分

ー薬局で購入(病院からの指示)ー
1 diphenhydramine(BENADRYL)(children's size 12.5 mg)tablets
starting at tonight around 10:00 p.m.
give 1 tablet by mouth every 12 hours.Do this twice daily dosing for the next THREE days.
   (子供用のベナドリル12.5mgタブレットを
   今夜10時から12時間置きに1日2回3日間与える)

参考になればと思い書いております。

これまでアメリカでのワクチン接種でも
アレルギーを起こしたことはありませんでした。

アレルギーの可能性がある場合は事前に
抗アレルギー薬を摂取してから射つ方法があるそうです。

ワクチン接種後は安静にしているようにという
説明は受けるので、みなさんご存知かと思いますが
今回の経験からすると、接種後30分程、
許可されるなら病院内もしくは駐車場など
近くで様子を見た方が安心かもしれません。
接種した箇所を痒がったり気にするようなら
すぐに診ていただきましょう。

帰宅後も1日は様子を観察されることを
おすすめいたします。

もしあの時気付くのが遅れていたらと思うと
今でもゾッとしてしまいます。
 
GIULIAを守れるのは私。
英語も勉強していてよかったと実感しました。
 

Category: Vet (動物病院).

Thread: イタリアングレイハウンド

Janre: ペット

tb -- : cm 1   

はげ (3) 

おはげのその後ですが、ビックリする勢いで
毛がはえてきております。
b550-OMD76780.jpg
↑ G:私のお腹は西城秀樹さんみたいになるのかな?

 G:見たい?ひ・み・つ。



b550-P3099385.jpg
↑ 3月8日のハゲ。

ずいぶん黒い毛が生えているし
ハゲの周囲もぼかしを入れたように
なってきました。

どうやら免疫力アップ作戦が効いているようで
病院でももう大丈夫と先生のお墨付きです。

Category: Vet (動物病院).

Thread: イタリアングレイハウンド

Janre: ペット

Tag: イタリアングレーハウンド  IG  イタグレ  ミシガン  アメリカ  GIULIA 
tb -- : cm 2   

はげ (2) 

2週間が経過し、見た感じもよくなった気がします。

今回もいつものやさしい男性ドクターではなく
前回と同じちょっと厳しい年配の女性ドクターでした。

ペットに対して厳しいのは当然ですが
英語が話せないことに対し不親切なんですよね。
早口でダダダダっと話すから聞き取れない部分を
聞き返すでしょ?そうしたらちょっと嫌な顔するわけ。

金額の説明もしないしね。
いつもの先生は何かする前にどういう治療で
いくらかかると言うのを個々に説明してくれるけど
この女医さんはしてくれない。

b550-47f175ea740411e2b09522000a1f9363_6.jpg
↑ 採血した首はこんなに内出血しちゃうしね。

アメリカの獣医さんすべてが親切なわけではないのね
はげ治療終わったらいつもの先生も戻してもらおう。

******

受付に行くと何も言わなくても
「ハ〜イ!GIULIA〜ん〜今日もスイートね」
と美人で笑顔もかわいいナースに迎えられ
私共々ご機嫌で個室へ(笑)

彼女の英語はきれいでとっても聞き取りやすい。
やさしく聞いてくれるから私も話しやすいのだ。

******

個室に通されると、前回よりは微妙に
険しさの和らいでいる先生登場。

再度表皮をスクラップしながら、なぜそれが必要なのか?
今の状態はどうなのか?をやはり早口で難しい言葉を並べる。
顕微鏡でチェックしたらしく、結果を伝えに戻ってきた。
聞き取れなかった部分を聞き返す。

"clean"

え?

どうやらマイトはいなくなっているから大丈夫ということを
一言にまとめてくれたらしい。

いやいや、そこまで英語分からなくないし(笑)
中間ってないのかね?

******

また、マイトとは別の細菌の可能性を探るために
培養していた結果も "Clean" だったそうな。

状態もよいので、このまま2週間様子を見て
今度は便の検査をするらしい。

その時もこの先生なのかな・・・グスっ

******

健康状態も良いので ボルデテッラ ワクチン も
受けました。注射の時はジッとしていられるのに
鼻から入れられるのはちょっと嫌みたい。
ペロペロなめちゃってた。

******

1 Medical Progress Exam $43.00
 (経過の説明)
1 Skin Scraping - Recheck $33.50
 (表皮採取 再検査)
1 Hazardous Medical Waste Disposal $4.88
 (医療廃棄物処分代)
1 Bordetella Bi-annual Vaccine $26.75
 (ボルデテッラー百日咳ワクチン)
合計 $108.13
 

Category: Vet (動物病院).

Thread: イタリアングレイハウンド

Janre: ペット

tb -- : cm 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。